鯉のぼり

栃木市の中心市街地を流れる巴波(うずま)川で、「うずまの鯉のぼり」が開かれていると聞き、
2日にGWの谷間で空いているかなと急遽出かけてきました。
画像


小江戸情緒溢れる「蔵の街」の春の風物詩で、常盤橋から室町のうずま公園付近までの約500mにわたり、
約1メートルの小ぶりの鯉のぼりを掲げていました。
画像画像


鯉のぼりが元気良く泳ぐ巴波川を遊覧船に乗り、愉快な船頭さんのトークと先頭歌に酔いしれ、
五月の薫風そよぐ中、蔵と黒塀が続く川沿いを楽しみました。
画像


画像


画像


画像


遊覧船に乗っていると近くまで大きな鯉が寄ってきて、パクパクと!
画像


陽気な船頭さんが栃木河岸船頭唄をご披露してくれた。
        ”栃木河岸より都賀舟で、
                  流れにまかせ部屋まで下りや、
                        船頭泣かせのかさ掛け場 
                              (ハーアー ヨイサーコラショ)”
画像


画像
 
       
画像


画像


金襴緞子の花嫁、花婿姿も見ることが出来ました。
画像


帰り際に巴波川沿いでウツギにとまるアオスジアゲハを!
画像


前の日までは猛暑でしたが、この日は曇天で風もなく、涼しくて助かったが、
鯉のぼりがもう少し元気に泳いでくれれば良かった.。

帰る頃パラパラと雨が降り始めラッキーでした







"鯉のぼり" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

テーマ別記事

QRコード