寂旅

先週安城に住む義兄から一冊の本が送られてきた。

手紙には長男が「北海道 16の自転車の旅」を出版したようだ。

画像


先ずは、本を手に取ってパラパラとページを繰ってみると、幼い頃の彼の面影が残っているものの、
オォー!おっさんになったなぁ~』と・・・

画像


直々入るモノトーンの写真が、もの寂しさを物語って、なかなか素晴らしい出来栄えに感心する
これらの写真はデジカメを三脚に取り付け、タイマー付のレリーズをセットし
急いで撮影地まで自転車を走らせ、何食わぬ顔をして写る方法で撮ったものらしい。
自分でポーズをとって写したのかと思うと、ちょっと笑えてくるが、
もの寂しげに写るその後ろ姿に齢40後半の哀愁が漂っている・・・

画像


北海道は主人が単身赴任していたので、私も季節の良い時を見計らって、
あちこち周った積りだったが、アイヌ語なのか、難しい地名が多い。

画像


ヘルメットの下から、雨に洗われたしょうっぱい汗が垂れてくる。
北大雪スキー場の麓にぽつねんとあるロッジに着いた時は、
寒さと疲労でぺしゃんこになっていた。おまけにいきなり虫歯がうずき出し、どくんどくんと脈打つように痛い

パックライスとインスタントの玉子スープを煮込んで雑炊を作る。
私にとってキャンプの朝の定番メニューだが、いい加減飽きているのも事実である

余りにもみじめそうな旅に、親の気持ちになって涙ぐむ場面も度々・・・
サバイバル精神ってこんなモノだろうか
あるいはこれが彼の狙っているところなのか
男の子は育てたことがないから、さっぱり分からないが、それにしても逞しくなったものだ!


画像


主人の実家へ兄弟みんな集まった際に、幼い頃のやんちゃな彼は、母親に良く怒鳴られていたが、
大きくなり大学受験の時に我家に宿泊し、縁起が良いようにトンカツをお弁当に入れて上げた記憶がある。
その折に名古屋弁を我家の娘達に教えたのか、
帰ってしばらくは「みゃぁ、みやぁ」と娘たちは面白がって使っていたっけ!

画像


彼に最後に会ったのはいつだったのかと考えて見たら、彼の結婚式に会ったきりだったか?
大学を出てから「山と渓谷社」で活躍していたが、彼は長男で、北海道の一人娘さんと結婚し、
その後会社を退社し、奥さんの北海道へ移り住んだとは聞いていたが、
義姉に何度聞いても、はっきりしたことは言いたがらず、定かでなかったが、
まさかフリーライターになって、こんな立派な本を出すようになったとは

画像


北海道に移り住んで5,6年ごろ「未だ見ぬ風景に出合いたい
知らない土地を走ってみたい」そんな気持ちから始まったようです。

この本は2005年から2011年まで季刊誌「自転車人」(山と渓谷社)に連載され、
北の寂旅エレジー」と題した紀行文を大幅に過筆し一冊の本に纏めたものだそうです。

もし本屋さんか、図書館ででも見かけたら、手に取って写真だけでも見て頂けたら嬉しいなぁ~







この記事へのコメント

2013年06月25日 17:42
おいごさん 本を出版されたのですか、好きなことを家業にするって大変なことですよね。
好きなことに夢中になれても 生計をまかなうとなれば並大抵では何ですよね。
御健闘を祈りたいです。

本屋にて見かけたら立ち読みでもさせてもらいます。
2013年06月25日 19:23
嬉しいです、同じ愛知県人として、是非手にとってみたいですねー男のロマン、モノクロ写真で、本をよーく知り尽くしているひとの技で
すね。粋だなー。
2013年06月25日 20:09
そうですかぁ~
甥っ子さんがぁ~独り立ちをし手広い原野に飛び出されたのですねぇ~
おばちゃまぁ・・・気になりますよねぇ
是非この本と出会ってみたいものです
これも何かの縁・・・ 縁で繋がるNET社会です
見に行ってみます
2013年06月25日 20:15
いつまでも子供だと思っていたらもう立派な大人になられて本まで出版されているとは自分の道をしっかり歩まれているんですね。
モノトーンの写真というのも逆に新鮮ですね。
2013年06月25日 21:33
本を出されるなんてすばらしいことですね。
ほんやさんに行ったら探してみますね。
これがお仕事なんですか。
2013年06月26日 04:50
ロコさん おはようございます♪

甥御さんは 御自分の夢を叶えられたのですね。
写真、素敵ですねヽ(^。^)ノ
叔母様はじめ 支えて下さる方が多いのも幸せです。

カメラマンで食べていくのは 大変です。
写真の大学を卒業後、私の弟は 某有名カメラマンの
アシスタントをしていましたが今では サラリーマンです。
写真家として成功するのは一握りの方なんですものね!

甥御さんの 益々の御活躍を祈って本を探してみます。
御紹介、ありがとうございましたm(__)m
2013年06月26日 04:53
 北海道にはまだ行ったことがないのです。かの地には、旅人を惹きつけてやまないようなものがいろいろ強くあるのでしょうね。
 自転車で放浪の旅をされた記録を出版されたというのは素晴らしいです。なかなか出来ないことですが、いい記念になったことでしょうね。
2013年06月26日 09:26
甥っ子さんが本を出版されたのですか。
凄い事ですね。
フリーライターとしてご活躍、
才能豊かで羨ましいね。
本屋さんに行った時に探してみますよ。
ロコ
2013年06月26日 10:37
☆shuuterさん、

一番乗りのコメントを
ありがとうございました。
山と渓谷社で編集やインタビューなどに携わって、
ある程度の手応えを得て、
フリーになったのでしょうね。
5月に出版になったばかりですが、
本屋さんで見かけることがありましたら、
立読みでもしてみて下されば大変嬉しいです♪
ロコ
2013年06月26日 10:42
☆pss子さん、

愛知県ご出身だったのですか?
「みゃあ~みやあ」派でしたか(笑
表現力の方は良く分かりませんが、
写真を少しばかりかじった身として、
贔屓目に見ても、
なかなか味のある写真だと感心しました。
ロコ
2013年06月26日 10:48
☆デミさん、

消息不明だった甥っ子の、
突然の出版の知らせに、
只々吃驚している状態ですが、
これを機会に親戚一同、
応援できることがあれば、
力になって上げたいなと思います。
本屋さんか図書館へでも行って、
手に取ってご覧下されば嬉しいです♪
ロコ
2013年06月26日 10:51
☆ミニミニさん、

北海道でどうしているのかと
案じておりましたが、
逞しく活躍している姿を垣間見て
叔母として安心しました。
モノトーンの写真は
それなりに惹きつけるモノも大きいですね!
ロコ
2013年06月26日 10:57
☆はるるさん、

大きな会社で活躍していましたが、
退社後フリーライターとして、
現在は執筆活動をしているようですが、
今後も頑張って欲しいと願ってます。
本屋さんで見かけましたら、見て下さいね~
ロコ
2013年06月26日 11:06
☆eisuiさん、

弟さんはカメラマンでしたか?
どうりでeisuiさんのお写真は、
いつも素晴らしいと感心していました。

好きな道で一家を養って行くと言うことは
並大抵な事ではないのでしょうね。
本屋さんか図書館でお目にとまりましたら、
ご覧下されば嬉しいです♪
ロコ
2013年06月26日 11:10
☆なおさん、

北海道へ移り住んで、
”まだ見ぬ風景に出会いたい”
そんな気持ちから自転車の旅が始まったようです。
私も何回か行ってますが、
惹きつける何かがありますね~
ロコ
2013年06月26日 11:13
☆カメさん、

幼い頃は人一倍やんちゃで、
親も手古摺っていたようですが、
こんなにも逞しく成長し、
叔母としても大変嬉しく思いました。
本屋さんでお目にとまりましたら、
写真だけでもご覧下されば嬉しいです。
凛太
2013年06月26日 15:46
甥御さんが本を出されたなんてすごいですね。
男はいつまでもロマンチストで冒険家なんでしょうね。
甥御さんは体験を本にまとめられてすばらしい
と思います。
書店で見かけたら見てみたいと思います。
ぺんぺん
2013年06月26日 19:20
甥御さんが素晴らしい本を出版されましたね。
山と渓谷社で培われた実力を活かされて
フリーライターとして充実した生き方をされて
逞しいですね~羨ましく感じます。
たった一度の人生ですもの~♪
本屋さんで見せて頂くの楽しみです。
2013年06月27日 10:33
こんにちは、
私は自転車で九州一周、日本一周、台湾一周を考えています。
本屋に行く機会が多いですので、「北海道 16の自転車の旅」を見てみます。
気に入ったら買いますよ。
ロコ
2013年06月27日 10:52
☆凛太さん、

幼い頃よりやんちゃだった彼が
本を出版するとは驚きました。
そう言えば、親も四国のお遍路さんを
歩いて2回も廻ったと言う夫婦ですので、
やはりDNAってのかしら(アハハ
書店になかったら、指名して下さいね(爆
ロコ
2013年06月27日 10:56
☆ぺんぺんさん、

音信不通なので、
充実しているかどうか分かりませんが、
自分の信じる道を、
突き進んでいるのでしょうね。
「若さって素晴らしい!」でしょうか、、、
本屋さんでお目にとまりましたら、
ちらっとご覧下されば嬉しいです♪
ロコ
2013年06月27日 11:02
☆ノンキーハイカーズさん、

>私は自転車で九州一周、日本一周、台湾一周を考えています
HNのように地で行くのですね~
夢は大きい方が良いですね。
陰ながら応援させて頂きますよ!

本屋さんになかったら、
指定して下されば嬉しいです♪
2013年06月27日 15:05
で 一人旅~!
しかも~北海道~!
自転車って 楽しくても 辛くても 自分の足で漕がないと 進めないもんね!
そうかぁ~ロコさんの 甥子サン 
すばる
ロコ
2013年06月27日 16:39
☆じゅんさん&すばる君、

自転車で一人旅、デッカイドウは広大で、
漕ぎ甲斐があるでしょうね(爆
すばる君いつも絵文字いっぱいの応援のコメント
どうもありがとう

テーマ別記事

QRコード