御柱

主人の実家の7年に一度の御柱へ行ってきました。

3月の山出し祭りから約1ヶ月を経て、里曳きを迎え、
ここで待機している赤松の柱を、到着する前に車の中から発見し、降りてパチリと!

画像


諏訪の御柱は全国的に有名で、昨年行われたが、
その翌年に行われる「小野御柱」と総称される小野神社、矢彦神社の両御柱大祭りが
5月3日から5日までの日程で始まった。
一の柱から三の柱まで毎日のように建てられる勇壮で盛大なお祭りです。

3日は、8時過ぎると道路で里惹きが始まると、道路規制があり通れなくなると言うので、
朝4時に家を出て、7時半に無事到着した。

実家の倉庫が広いので、その晩使われる長持ちがここに納められていた。

画像


柱に塩尻市長から関係者がずらりと並んでご挨拶がありました。

画像


いよいよ氏子達を乗せた御柱が、木遣りがこだまする中でゆっくり引き上げられる!

画像


威勢の良い掛け声やお囃子に合わせどんどん上がって、
ようやく45度ほど上がりました!

画像


下で見守るラッパ隊や応援団?

画像


とうとう垂直に立ち上がり、高らかにラッパが鳴り響き、見物客から歓声と拍手が湧き上がった!

画像


頂上にある鈴が割れ、垂れ幕が下がり、お餅や5円玉、50円玉、千円札、お菓子などが
御柱の頂上から振りまかれ、拾うのにこれ又大騒ぎとなりました!
お札がひらひら舞っているところが見えますか?

画像


柱が建ち終わりその興奮と余韻に慕っていると
地元の新聞社の「御柱新聞」が即、配られたのには吃驚でした!

画像


その夜少し小雨交じりの中、若者達が主人の実家にやって来て、
踊りや長持ち踊りを披露して下さった。
思わず姪もその踊りに飛び込んで、さらに盛り上がって楽しいものとなりました!

画像


画像


画像


次の日も柱が建ち上がりました!

画像


最後に乗っている氏子達はこのようにして降りて来ます。
途中で止まって、逆さになったり、お菓子を振りまいたり、パフォーマンスをしてくれる人もありました。

画像


雲助」達の里曳きの様子

画像


このユニークな「雲助」達が、シナを付けて歩く様子が何ともユニークで、大変な人気を呼んでました♪


画像


休憩している「雲助」達

画像


神社の境内では木遣り、騎馬行列、太鼓隊なども繰り広げられ大賑わいでした!

画像


画像


画像


延々と並ぶご馳走の数々、これが3日間続き、
大勢の親戚が一同に集まり、夜を徹しての盛り上がりでした!

画像


主人の兄曰く、7年に一度の御柱の為に、
普段は「オコウコ(タクワン)」を食べて、この日の為に畳を替え、障子を張り替え
最高の「おもてなし」をするのが習わしとのことです。

一昨年結婚した新しいお嫁さんと、嫁に行った娘さん一家がテキパキとやって下さり、、
こちらは飲んで、食べて、お喋りして、家の目の前にある神社へ見に行ったりと
ホントに楽しい思い出いっぱいの3日間を過ごさせていただき、
大変お世話になりありがとうございました

7年に一度の御柱へは、毎回行ってますが、
柱の建ち初めから、最後まで見ることが出来たのは、今回初めてだったので、
その興奮を身近に触れ、感じることが出来て最高のお祭りでした!

又7年後みんな元気で再開できることを約束して別れて来ました!






この記事へのコメント

あんず
2011年05月09日 20:44
伝統ある勇壮なお祭りを楽しまれて良かったですね。
夜を徹しての三日間のご接待は大変でしょうけれど
話の花が咲き楽しいですね。
ロコ
2011年05月10日 15:09
★あんずさん、

7年に一度の御柱ですので、
大勢の親戚が集まってのお祭りは
用意する方は大変なご苦労があると思いますよ。
又7年後集まるのを楽しみにしているんですよ♪
2011年05月10日 15:11
7年に一度なんですか?御柱、塩尻の市長さんもこの年に当たると嬉しいですね。

どの写真も臨場感あふれ、色使いのキレイなこと!お祭りに行った気分です。ロコさんいいものを見せてくれてありがとう。
氏子さんがロープを伝って降りてくるところ良く撮れましたね~。
うんまー大変なご馳走で、女は大変ですね。
凛太
2011年05月10日 22:06
諏訪の御柱の勇壮な写真を見せていただきました。
祭りだからする方も見るほうも楽しいのでしょうね。
御柱は7年に1度なんですか。?昨年も諏訪の人が
御柱祭りで死者が出たとかプログに書いてましたが
あれはまた違う神社なんでしょうね。
親戚が一同に集まっての食事会も話がはずみ楽しい
一日でしたね。
ロコ
2011年05月11日 15:59
★pass子さん、

写真をお褒め下さりどうもありがとう♪
7年に一度の御柱ですが、
市長さんが柱の上に乗るのは初めてとかで
みんなから不評でした。

これだけのご馳走を作るのは
昔は義姉が一生懸命作っておられましたが、
最近はほとんど出来上がりをお取り寄せしているようですが、
これだけの大量なお料理は相当かかるでしょうね・・・
ロコ
2011年05月11日 16:03
★凛太さん、

諏訪の御柱は昨年でしたが、
今回私が行ったのは塩尻の御柱なんですよ。

毎年のように山から柱を下ろすのに
下敷きになった犠牲者が出るようですが、
命がけのお祭りですね。
ぺんぺん
2011年05月13日 22:08
伝統あるお祭りは三日間夜を徹して
おもてなしをされて凄いですね。
御柱が掛け声やお囃子にあわせて
どんどん上がっていく勇壮な画像に感動です。
目前で見物しているとハラハラドキドキでしょうね。
ご親戚の皆さんが一同に集まってのお食事会
楽しくて盛り上がったことでしょう。
ロコ
2011年05月14日 11:32
★ぺんぺんさん、

御柱が上がって行く様子を
間近で見ていると、スリル満点で面白かったですよ♪
7年に一度、街を上げてのお祭りは
みんな力を合わせて盛り上げるのは
主催者も大変なご苦労があるのでしょうね。
こちらは大変楽しませて頂きました♪
2011年05月14日 12:51
長い間ご無沙汰しました
勇壮な御柱祭りを見せて頂き有り難う御座います。
ロコ
2011年05月14日 15:04
★chiharuさん、お久しぶり~♪

大変ご無沙汰でしたが、
お元気そうなお顔を見せて下さり、
とても嬉しいです♪

御柱の様子をご覧下さり、
ありがとうございました。
2011年06月10日 06:28
ロコさん、ご主人、塩尻だったのですね。
そうそう、諏訪のが有名だけど、色んなところで御柱あるみたいです。
小野御柱も盛大なんですね。賑やかな様子、伝わってきます。
こうした伝統、ほんと、末永く続いて欲しいものですね。
氏子さんの滑り降りる様子、流し撮り?うまく撮れてますね!!
ロコ
2011年06月10日 10:51
★げんのうさん、

朝早くからお越し下さり
色々とコメントをありがとうございました。

ハイ、主人は塩尻出身なのですよ。
7年に一度の大きなお祭りですが、
この次の御柱へは、
果たしてみんな元気で出席出来るか
ちょっと心配です・・・

氏子さんの滑り降りる様子、
上手く撮れているでしょう(笑
タマタマでした(アハハ

テーマ別記事

QRコード