気ままなblog

アクセスカウンタ

zoom RSS クマガイソウ

<<   作成日時 : 2018/05/03 16:31   >>

ナイス ブログ気持玉 65 / トラックバック 0 / コメント 16

GWに入る前の4月23日に大宮の御蔵のクマガイソウを見に行って来ました。
今年は竹藪の方は少し遅かったのか、ほとんど咲いてなくて、
屋敷の方の一部に僅かに咲いているだけだった・・・
画像


ウラシマソウとモチユキソウ(サトイモ科 のテンナンショウ属)
画像画像


キンラン今年はあちこちに増えて良く咲いていた。
画像画像


シラー カンパヌラータ
画像画像


オオデマリのピンク
画像


サンザシ
画像


ハンカチの木
画像


ハッカク(煮豚を作る時に匂い消しに使う)
画像


日本ミズキ(良く目にするミズキに対し日本ミズキは初見でした)
画像


ジャーマンアイリス
画像画像


ナルコユリとアマドコロ
画像画像


斑入りホウチャクソウ
画像


チゴユリ
画像


スズラン&イヌビシャク
画像画像


ミドリロウバイ
画像


クロロウバイ
画像


バナナの香りのするオガタマ
画像


イカリソウ
画像


画像


他にも色々な珍しい山野草を見ることが出来、時間の経つのを忘れるくらい夢中になってしまった。
例年だと掘り立ての筍やお野菜を買えたが、今年は家の方がお留守のようで残念でした・・・



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 65
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
たくさんの野草、これでは夢中になります。
私もこういうところ大好きです。限りなくとどまっていたいくらいです。
オオデマリにピンクがあるのですね。サンザシ見てみたいです。ハンカチの木、毎年見たいと思っているのですが、実現していません。ロウバイもこんなに種類があって羨ましく拝見しました。
はるる
2018/05/03 19:11
沢山の綺麗な花が咲き乱れていてナイス。
此処は個人のお宅なんですか。
カメさん
2018/05/04 10:37
★はるるさん、

いつも一番乗りのコメントを
ありがとうございます。
オオデマリのピンク色は珍しく、
他では余り見かけませんね。
サンザシも初見でしたが、
とても可愛かったですよ。
ロコ
2018/05/04 10:46
★カメさん、

個人のお宅ですが、市指定のクマガイソウなので、
この日も市の方が10名ほど見えて、
竹藪の中を何やら管理していました。
ロコ
2018/05/04 10:48
こんにちは
クマガイソウ 面白い形のお花ですね。
個人のお宅でこれだけのお花を
公開されていてすごいですね。
シナモン
2018/05/04 14:11
こんにちは〜♪
一時期、山野草に凝っていた時がありました。
どれも懐かしく見ています。
野山に行かないと見られない花々
どれも地味ですが可憐で素敵ですね。
日本ミズキは初めて見ますが、街路樹に使われている
花ミズキとは違い下向きで我慢強さが感じられます。
素敵な山野草を有難うございました<m(__)m>
ミモザ
2018/05/04 14:56
★シナモンさん、

初めて目にするときは吃驚しますでしょう。
熊谷直実 が背負った 「母衣」に見立てこの名が付いたようです。
個人のお宅で、いろんな珍しい山野草などを見ることが出来、
時間が経つのを忘れるくらい興味深い植物がみられるのですよ。
ロコ
2018/05/05 11:11
★ミモザさん、

街路樹のハナミズキは良く見かけますが、
日本ミズキはこちらで初見でした。
山野草はいろんな種類があって、
奥が深いですね。
ロコ
2018/05/05 11:13
時の経つのを忘れるほど
というお気持ちがよく分かります。
心惹かれる花ばかりですね。
それにしても、クマガイソウの花の
ユニークな事。これでラン科ですか。
それに、ウラシマソウとモチユキソウまで
加わって…。不思議な姿の三兄弟みたいですね。
yasuhiko
2018/05/05 12:07
★yasuhikoさん、

サトイモ科 のテンナンショウ属の仲間である
ウラシマソウ、ユキモチソウと
今年は見られなかったが、ムサシアブミ、
そしてここにも上げてありますが、
一番ひ弱なイヌビシャクと4兄弟あります。
これはとても細くて
、風に揺れて、写すのに苦労しました。
ロコ
2018/05/05 15:34
今年もクマガイソウを見に行かれて
沢山の野草に出合われて楽しかったでしょうね〜
暫く座り込んで眺めていたくなりそうです。
ミドリロウバイやサンザシ、ピンクのオオデマリ、日本ミズキは
見た事がなくてゆっくり楽しませて頂きました。
有難うございました。
ぺんぺん
2018/05/05 16:36
こんばんは。
今年もクマガイソウ見に行かれたんでしゅねっ
綺麗でしゅ
オイラは見たことがありません
キンランは関東で見たきりでしゅ・・・
懐かしく拝見しましたぁ〜
デミ
2018/05/05 22:11
花の特徴 葉の特徴の
クマガイソウ
余り見ることが出来ない野草
個人のお宅で素晴らしいですね
夢中になるお気持ちわかります
ジュン
2018/05/06 10:36
★ぺんぺんさん、

今年は咲くのが早かったのか、
竹藪の方はほとんど枯れていて、
も少し早く行けばと後悔ですぅ・・・
日本ミズキは私も初めてでしたね。
ロコ
2018/05/06 11:26
★デミさん、

キンランは曇っていたので、
残念ながら開かず、蕾のママでした。
九州では余りクマガイソウは見かけませんか。
ロコ
2018/05/06 11:28
★ジュンさん、

熊谷直実 が背負った 「母衣」に
見立てこの名が付いたようですが
特徴ある形したお花ですね。
夢中で撮っていて、
あっという間にお昼になってしまいました。
ロコ
2018/05/06 11:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
クマガイソウ 気ままなblog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる