気ままなblog

アクセスカウンタ

zoom RSS 御柱祭

<<   作成日時 : 2017/05/09 16:58   >>

ナイス ブログ気持玉 28 / トラックバック 0 / コメント 16

主人の実家の御柱に招待されたので、2日〜4日まで行って来ました。
画像


連休の3日から4日、5日と三日間地区民総出で、奉置所から神社までの里曳き、建て御柱が行われます。
画像


今年は可愛い女性の方が一番前に立ち、建て御柱の際にも男性の中に混じって
唯一この女性の方が目を引いてました
画像


画像


優しげなイケメンさんも!
画像画像


城盛会のラッパ隊OB
画像


若連のオンベイ隊
画像


子供たちも
画像


馬に跨るお殿様ご一行様
画像


こうして柱にそれぞれ縄を付けて引っ張る
画像


私の名を呼ぶ人がいたので「誰」?と尋ねると、サングラスを外し、中学校から高校の友達や
実家の隣の方などの懐かしい人達にも逢うことが出来、昔話が弾みとても楽しいひと時でした

画像


画像


ようやく神社に到着すると、方向転換する
画像


ここへ柱を建てるようです
画像


お昼に家に戻ると大変なご馳走がずらりと並び、夜も同じように豪華なお食事で、
支度するお嫁さんや姪御さん達に大変お世話になりありがとうございました
画像画像


午後2時からいよいよ建て御柱が始まり、青年団長が一番先頭に、貫録十分
画像


上の段にはオンベイ隊が声高らかに唄い、二段目はラッパ隊の音色が響き渡る
画像


柱が傾斜を増しながら上がって行く様子はドキドキと共にスリル満点で壮観な眺めとなります!
画像


画像


上から4番目に例の女性見えませんか?勇気ありますね〜
画像

画像


下で綱をぐるぐると巻いている方々
画像


いよいよ柱が垂直に!
画像


垂れ幕が下がり拍手喝采
画像


突然脇に控えていた愉快な二人組が花を添えて〜〜〜
画像


その後頂上に付けていた俵から、5円玉や50円玉やお菓子、お餅などが蒔かれ、みんな夢中で拾った。
最後に俵を投げたので、一瞬将棋倒しが起き、真下にいた私はカメラを抱えたが、
あちこちから幾つものカメラが降ってきて、思わずこのままダメかと思った・・・

上に乗った方々が次々と降りてくる。
画像画像


太鼓も盛り上がります!
画像


画像


その後若連衆の法被姿で主人の実家へやってきて、長持ちと踊りの奉納が!
画像


柱が撓ってギッコ、ギッコと言う音色が何とも心地よい!
画像

画像


若連衆の法被姿の団扇踊り
画像


花笠踊りで大変な盛り上がり
画像


地元のテレビ局の方も取材に見えました。
画像

画像


振る舞い酒が
画像


兄が亡くなり、息子の代になったので、3日ゆっくり見せて頂き、
次の日は安城や木曽の姉たちを駅まで送って我々も帰途に着きました

前年の諏訪の御柱は全国的に有名ですが『人を見たけりゃ諏訪御柱、綺羅をみたけりゃ小野御柱』
と言い伝えてられてきましたが、今も祭りの法被などに工夫が凝らされているようです。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 28
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
御柱祭、民俗行事の躍動感があって
素晴らしいですね。里曳きから建て御柱まで、
全ての行事が興味深かったです。
女性の活躍が目立つのもいいですね。
柱を建てる時の様子は、迫力満点だと思いました。
ミラーに映った里曳きの様子も面白いですね。
yasuhiko
2017/05/09 17:23
臨場感たっぷりの写真を拝見いたしました、柱のてっぺんに上がった人は度胸と覚悟の肝の据わったひとですね、貴重なブログ有難うございました。
ヤスボー
2017/05/09 17:55
これはすごいですね。
テレビでも流れます。主人は友人と何年か前見にいきました。
ご招待されたのですね。お兄さまが亡くなられても、いい関係が続いているようで、よかったですね。
お友達など久しぶりのご対面は楽しかったことでしょう。
見ているこちらまで力が入ってしまうほど、迫力、熱気を感じます。
はるる
2017/05/09 20:04
こんばんは♪
素敵なものを見せて頂きました。
町一丸となって、お祭りを盛り上げようとの思いが素晴らしいお祭りになって見る者の心を、より一層と熱くするのが感じられます。
本当に素晴らしいですね
まきちゃん
2017/05/09 20:26
御柱のお祭りは諏訪だけかと思っていました
初めてでとっても面白かったです
お祭りは地元の方が大切に守ってこられたんですね。
ググってみましたが辰野ですか?ホタルで有名ですよね。
コマダム
2017/05/09 22:01
☆yasuhikoさん、

早々のお越しを
ありがとうございました。
最近は女性の活躍が目立つようになりましたね!
まさかあの御柱の上に登るとは吃驚
ミラーに映り込みも試してみました(笑
ロコ
2017/05/10 09:12
☆ヤスボーさん、いらっしゃいませ〜

御柱のてっぺんに登った方は
若連衆の社長と法被に書いてありましたが、
貫録十分で、声良し、唄良し、踊り良しと
長に相応しい立派な方でした。
ロコ
2017/05/10 09:18
☆はるるさん、

テレビで紹介されるのは諏訪の御柱の方だと思います。
こちらは地元のテレビ局が一日放映されていて、
夜10時頃まで見ていたが、疲れて寝てしまったが、
是非ビデオを撮って送って欲しいとお願いしてきました。
懐かしい友人に会えて、お話が弾み、
肝心なところを撮るのを逃してしまいました(笑
ロコ
2017/05/10 09:22
☆まきちゃん、

最近は若者の数が減って、
実家の息子もOBとして駆り出されてましたが、
良くもこんなに大勢の若者がが集まるものだと感心しました。
7年に一度の御柱が行われる為に、
みんなが団結し、街全体が纏まるのでしょうね!
ロコ
2017/05/10 09:25
☆コマダムさん、

小野御柱は小野神社と、
辰野町の弥彦神社と二つ同じ場所で、
一緒に行われるので、さらに大がかりな御柱となるのですよ。
私は詳しい事は分かりませんが、
法被の色が違うからどこの御柱だと言ってます。
蛍が有名と言うのも良く知りませんでした・・・
ロコ
2017/05/10 09:32
盛大な御柱祭にビックリ。
地域の方が全員参加なんですね。
御柱が建てられる様子は迫力満点。
又、御柱の大きさに驚きました。
ご実家の並んでいる料理も凄いですね。
美味しそうで私も食べたくなりました。
カメさん
2017/05/10 11:42
こんにちは!
諏訪神社の御柱はよくTVニュースで見て知っていましたが。こちらの御柱は初めて知りました。卯年と酉年の6年に一回行われるんですね。
二つの神社が隣り合わせにあり、一緒に行われるんですね。
祭の衣装が見応えありますね。「衣装を見たけりゃ小野御柱」なるほどです。
女性の参加が目立つようになり嬉しいことですが、御柱に乗るとは勇気がありますね。
珍しいお祭りを見せて頂き、また一つ知識が増えました。
eko
2017/05/10 11:44
御柱祭の見事に撮られたお写真を
拝見して感動しました。
柱が上がって行く様子、ハラハラドキドキですね。
女性の方が見えますが凄いですね!

中、高校時代の懐かしいお友達とも再会できて
良かったですね〜
ご実家の温かいおもてなし有難いですね。
素晴らしいお写真に元気を頂きました〜有難うございました。

ぺんぺん
2017/05/10 11:57
☆カメさん、

御柱の先端を建てる前に神社で
先端が尖るように三角に切り取る行事もあるのですが、
その切端も縁起物なので、貰って来て飾ってあります。
豪華な料理の中に必ず鯉の旨煮がありますが、
これを食べると信州の味だと、
しゃぶりついて食べて満足、満足(笑
ロコ
2017/05/10 15:54
☆ekoさん、

諏訪の御柱の様子は良くテレビで放映されてますね。
御柱は7年毎と言われてますが、
結局は数えで6年毎に行われ、
6年と言うのはあっという間ですね。
法被にはそれぞれ趣向を凝らしているようですね。
ロコ
2017/05/10 15:57
☆ぺんぺんさん、

御柱が段々傾斜が増して行くと
ハラハラ、ドキドキスリル満点で壮観なモノですよ!
旧友に会えたのも嬉しかったです♪
お嫁さんや姪御さん達に大変お世話になり、
後片付けも大変だったことと感謝ですね〜
ロコ
2017/05/10 16:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
御柱祭 気ままなblog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる